【テニス】サーブの意識するポイント集!《窪田テニス教室参考》

サーブの気を付けているポイントをたくさん挙げてみました。上達の参考にどうぞ。

れいちゃん

読者のみなさん!おはようこんにちはこんばんは!れいちゃんです。
筆者がブログを始めた理由はここにクリック。
今回はテニスについてお話していきます。
2019年7月からスタートしたテニス。もっともっとうまくなりたい。そういう思いで様々なユーチューバーを参考にして上達に役立てました。
それをテニスの好きな方々にも共有したいとの思いで公開したいと思います。
今回はサーブについてまとめてみました。
どうぞよろしくお願い致します。
【テニス】上達に役に立つYoutubeのお気に入り動画まとめ

サーブでの大まかな流れ

サーブでの大まかな流れ
構え
構え
  • コンチネンタルグリップ
  • ラケットをボールを持った左手の指先に載っつけるように構えておく
  • 身体を半身にして横を向く
  • 足は人によって異なるが、基本的にはラインと平行上に並べる感じにする
トスアップ
トスアップ
  • 左足に荷重が乗ったときにトスを始める
  • ラインより前でトスアップしない
  • ラインと平行上の位置でトスアップする
  • 内巻きに回しながらあげるようにする
移行区間(トスアップ→テイクバック)
移行区間(トスアップ→トロフィーポーズ)
  • Cの字を描くようにラケットの持つ手をあげていく
  • 肘を落とさない。両肩の結んだラインの延長上に肘があるようにする
トロフィーポーズ
トロフィーポーズ
  • 右肘を下げすぎない
  • 手首を自然な角度以上に曲げずに90度に近い状態のまま動かす
  • 右脇を空けた状態でラケットを持ち上げていく
  • ラケットが身体の前側にあるようにする
移行区間(トロフィーポーズからフォワードスイング)
移行区間(トロフィーポーズからフォワードスイング)
  • 振るときに目から見えるラケット面の裏側が一瞬だけ見えている
  • ラケットヘッドが下がっても、ラケットの重心位置は下がらない
  • 肘はそのまままっすぐ上に向かうようにする
フォワードスイング
フォワードスイング
  • 右肩の上あたりにボールがきてそこでラケットが当たるようにする
フォロースルー
フォロースルー
  • フォワードスイングが速く、フォロースルーが遅いのが理想
  • ラケットを振った後に地面近くまでに行かない

サーブで気をつけているポイント

動画から拾えるだけの気を付けるポイントを挙げてみます。

準備

GOODポイント
  • コンチネンタルグリップ
  • ラケットをボールを持った左手の指先に載っつけるように構えておく
  • 身体を半身にして横を向く
  • 足は人によって異なるが、基本的にはラインと平行上に並べる感じにする
NGポイント
  • コンチネンタルグリップ以外
  • ラケットをボールを持った左手の指先に載っつけない
  • 身体を半身にせず、最初から前を向いている
  • ラインと平行上に並べない(人によって異なる)

トスアップ

GOODポイント
  • トスアップする先に顔を予めあげておく
  • 左腕を横から、ライン上に沿ってトスアップする
    左腕の上がり具合が違い、こっちだと高い
  • 左腕を左腰のあたりまできてからトスアップする
  • 左足にしっかり体重を載せながらトスアップする
  • 内巻きに回しながらあげるようにする
  • 肩を回しながら指先を伸ばす。手の甲側が顔に向ける
  • トスアップしながら膝を曲げる。5cm程度
  • トスアップの後でも膝を軽く曲げる程度で身体はほぼ真っすぐ
NGポイント
  • 最初からボールを見ない。見ながらトスアップするとブレる
  • 左腕をネット側にある状態でトスアップしない
    左腕の上がり具合が違い、こっちだと低い
  • 左腕を左腰のあたりにきてないのにトスアップしようとしない
  • 左足を前に出しながらトスアップしようとしない
  • 手のひらより先を上向きにしながらあげようとしない
  • 手のひらより先を上向きにしたままトロフィーポーズをしない
  • トスアップしてから膝を曲げる
  • トスアップの後にすぐ身体を反り返る

トロフィーポーズ

GOODポイント
  • 手首を自然な角度以上に曲げずに90度に近い状態のまま動かす
  • 右脇を空けた状態でラケットを持ち上げていく
  • ラケットが身体の前側にあるようにする
  • トスアップ時にラケットをネット側に向けたままにする
    (正面から見るとラケット面が見えている状態)
  • 自分から見えているラケット面は打たない方の面
  • 上腕と肩が一直線になるようにする
NGポイント
  • 手首を柔らかく使いすぎない
  • 右脇を閉じた状態でラケットを持ち上げない
  • ラケットを身体の後ろ側に持っていかない
  • トスアップ時にラケットを後ろに持っていかない
    (正面から見るとラケット面が見えなくなってる状態)
  • 自分から見えているラケット面が打つ方の面
  • 上腕と肩で角度ができてしまう

フォーワードスイング

GOODポイント
  • 肘はそのまままっすぐ上に向かうようにする
  • ラケットヘッドが下がっても、ラケットの重心位置は下がらない
  • 振るときに目から見えるラケット面が一瞬だけ裏側が見えている
    一瞬だけ見えるラケット面はボールを当てる方のラケット面。これが一瞬だけ見えている。
  • 右肩の上あたりにボールがきてそこでラケットが当たるようにする
NGポイント
  • 肘をいったん下げて再び上げるような動かし方はよくない
  • ラケットヘッドが下がり、ラケットの重心位置まで下がってしまう
  • 振るときに目から見えるラケット面がずっと同じ面が見えている
    見えているラケット面はボールに当てない方の面。これがずっと見えてる。
  • 右肩の上より前にボールがあってそこでラケットを当ててしまう

フォロースルー

GOODポイント
  • フォワードスイングが速く、フォロースルーが遅いのが理想
  • ラケットを振った後に地面近くまでに行かない
NGポイント
  • フォワードスイングで勢い余ってフォロースルーでも維持してしまう
  • ラケットを振った後に地面近くまでに行ってしまっている

サーブの動画

サーブの基本

限りなく透明に近いやきそば

ありがちなサーブの問題その2、ネオ猫パンチ編 なんでサーブが良くならないか?その理由【スライスサーブ】【スピンサーブ】


限りなく透明に近いやきそば

【サーブ】スイングしやすいベストなアドレスはここ!正しい足の使い方 【4スタンス理論】


トスアップ

窪田テニス教室

テニス サーブ トスを安定させるには 窪田テニス教室


窪田テニス教室

テニス サーブのトスを上げるときの注意点 窪田テニス教室


窪田テニス教室

テニス サーブでの間違った肩のポジション 窪田テニス教室


窪田テニス教室

テニス サーブ 本当の足の曲げ伸ばしとは 窪田テニス教室


トロフィーポーズ

窪田テニス教室

テニス サーブ 肘が下がる原因 窪田テニス教室


フォワードスイング

窪田テニス教室

テニス サーブやボレーの猫パンチとは? 猫パンチを知らなければ猫パンチのままで終わる 窪田テニス教室


窪田テニス教室

テニス サーブ 猫パンチをやめさせる方法 窪田テニス教室


フラットサーブ

窪田テニス教室

テニス スマッシュとフラットサーブの腕の使い方 窪田テニス教室


窪田テニス教室

テニス フラットサーブで怪我をしないように 窪田テニス教室


スライスサーブ

窪田テニス教室

テニス スライスサーブ スライスサーブでのラケットの差し込み方 窪田テニス教室


スピンサーブ

窪田テニス教室

テニス スピンサーブ スピンサーブでのラケットの差し込み方の説明 窪田テニス教室


窪田テニス教室

テニス スピンサーブの跳ね具合 窪田テニス教室


窪田テニス教室

テニス スピンサーブ 打球後の右腕の動き 窪田テニス教室


窪田テニス教室

テニス スピンサーブ トスの位置をネットよりにして打つ方法 窪田テニス教室


窪田テニス教室

スピンサーブ スピンのかかりが悪い人は見てください 窪田テニス教室


窪田テニス教室

テニス スピンサーブでショートクロスを狙う 窪田テニス教室


その他

テニスの拳

【テニス】世界一受けたい続編!鈴木貴男プロのサーブ基本動作①


テニスの拳

【テニス】こんなに楽にサーブが打てる!鈴木貴男プロのサーブ基本レッスン②


テニスの拳

【テニス】確実にサーブが安定する!鈴木貴男プロの基本レッスン③


テニスの拳

【テニス】世界一受けたいレッスン!スライスサーブ編①


テニスの拳

【テニス】早く知りたかった!鈴木貴男プロのスライスサーブ②


テニスの拳

【テニス】スライスサーブ編完結!鈴木貴男プロの神レッスン③


テニスの拳

【テニス】常識を疑え!高速スライスサーブが凄かった!


その他テニス記事

【テニス】上達に役に立つYoutubeのお気に入り動画まとめ テニス【テニス】ボレーの意識するポイント集!《鈴木貴男さん参考》 テニス【テニス】片手バックハンドの意識するポイント集!《ワウリンカ参考》 【テニス】サーブの意識するポイント集!《窪田テニス教室参考》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です